« 柴又まで | トップページ | 誕生日でした »

2010年10月12日 (火)

広島風で

P1070195


お好み焼きは大阪と広島が有名だ
しかしながら、その作り方はかなり違う
大阪のお好み焼きは、材料全て混ぜて焼くが
広島のは別々に焼いたのを合体させるカンジだ
広島ではこれをお好み焼きと言い
大阪方式は、大阪焼きという
広島人は、頑なに区別する.
お好み焼きソースのHPなんかには
作り方が乗っているが、結構難しい.
広島では、街の角を曲がるたびに
お好み焼きやさんがある
週に一度はお昼ご飯に食べていた記憶がある.
いまでも時々食べたくなるが、広島方式は
やはり難しいテクニックが必要です.
したがって、家で食べるときには
簡単な大阪式のお好み焼きが多い
そう言えば、このあいだ広島からM委員長に
お好み焼きセットを貰っていたのを思い出した
奥さんと二人分作ってみました.
要するに、お好み焼きの生地の部分が
あらかじめ焼いてあって
これを上から載せて作る
もやしとキャベツとネギを用意して
説明書どおりに作りました.
結構うまく作れました.
追伸
我が家ではお好み焼くときは
ネコひげの係となっています
なぜか?


P1070198_2


« 柴又まで | トップページ | 誕生日でした »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

美味しそうなお好み焼きです。
が、やっぱりプレートの上で熱々を食べるのがツーですね。

回数を焼くと上手になります。
頑張ってください。

ぼちぼちさんへ
お好みを鉄板の上で食べるのは
広島人以外は難しいですね
どうしても
お皿に盛ってしまいます
猫舌なので

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147046/37194613

この記事へのトラックバック一覧です: 広島風で:

« 柴又まで | トップページ | 誕生日でした »