« 雨の日曜日 | トップページ | 全国大会 »

2011年8月25日 (木)

講演会を聞いた

今週は色々と忙しい
特に週の後半は講演会等が目白押し,
東京にいると
講習会や講演会に行ける機会が多く
その辺は恵まれている.
昨日は(独)土木研究所主催の講演会だった.
橋のメンテナンス関係の講演会だが
やはり主流は,東日本大震災関連の話が多くなる
この数ヶ月どこに行っても震災関連の話が続く
見れば見るほど,聞けば聞くほど
今回の震災はすごい
特に津波の被害
でも,あんまり知られていないが
地震の揺れに伴う構造物の被害は思ったより少ないそうだ.
津波の波力や地盤の液状化の被害がほとんどらしい
あれだけ揺れたのに,その辺は不思議といえば不思議
ひとつは,阪神淡路大震災以来続けられていた
耐震補強工事がそれなりに功を奏したこと
地震震動の周期が,異なることなんかが
影響するらしい.
ネコひげも土木技術者の端くれですが
実際よく解らないことは多いです.
原発の問題にしても
白黒ハッキリするのは
それほど簡単な事では無いと思います.
世の中やマスコミは
技術屋の言うことはよく解らないと言いますが
実際よく解らないことはたくさんあります.
先日聞いた講演会で,ある教授が言っていた言葉ですが
解らないことは解らないと言わないといけない
この部分は解っていて,この先は解らないと言わないといけない
一番悪いのは,解らないことを,解っているように言うことだ
それが技術者としての努めだ.と言っていました.
まさしくその通りです.
ネコひげは,原発推進派では無いですが
一技術者として,原子力エネルギーという技術を
日本が捨てさる必要は無いと思います.
今まで営々と過去の技術者が培ってきた
積み重ねてきた努力が水泡と期します.
原子力エネルギーを,マッチの火のように
技術者の努力で,安全に使いこなせる時が
必ず来ると信じています.
そう言えば,昨日の講演会
「公共工事が日本を救う」を書かれた
京大の藤井教授が基調講演を行いました
エキセントリックな話で面白かったです.
土木屋として元気が出ましたね.
同業の皆さん,ぜひ読んでみることを
お勧めします.
週末は,技術士会の全国大会に
行きます.

« 雨の日曜日 | トップページ | 全国大会 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147046/41350132

この記事へのトラックバック一覧です: 講演会を聞いた:

« 雨の日曜日 | トップページ | 全国大会 »