« モトカレ | トップページ | 謹賀新年 »

2011年12月31日 (土)

大晦日です

いよいよ今日で2011年も終わり
一晩寝たら,新しい歳です.
だからどうなの?という事でも無いのですが
色々な意味で今年は記憶に残る年でした.
会社の組織変更が進む中
東京に来て2年目の今年3月
東日本大震災にあいました
電車が止まった週末
徒歩で家に帰り
テレビで流れる津波の映像を見て
愕然としました.
あれから10ヶ月近くたつのに
津波で家を無くした人,故郷を放射能に汚染された人は
未だに路頭に迷っています.
都内すっかり元通りになりましたが
日本の傷は癒えません.
ネコひげの様な転勤族と違って
そこの地域,そこの海山,田畑とともに
長い間生活してきた人々にとって
故郷を追われる事,故郷が消えて無くなる事は
その辛さは,たぶん永遠に解らないのだろうと
思います.
東京に居るおかげで
色々な情報を得る機会も多く
今回の震災についての
話を聞く機会も多くありました.
あの日,徒歩で帰ったネコひげを含めて
我が社の社員は,早めに自宅に帰しました
特に遠くの社員は
営業車に乗り合わせて,帰宅させました
今考えると,この判断は間違っていたようです.
たまたま,都内で大規模な火災等は
発生しませんでしたが
大渋滞の中,仮に火災が発生したら
大惨事になっていました.
今更ながら,あの日の行動は
薄氷を踏むような行動だったのですね.
それ以外にも,津波警報のあり方,
防潮堤に対する信頼度
公共団体が出したハザードマップについての
知識と知見など
今回の大災害は,我々が信じていたモノ
拠り所としていたモノ
それらの全てが,根底から
崩れ去りました.
情報の確かさや安全性の確かさとは
それは,黒か白でも無く,ゼロか百でも無く
単に確率の問題だと理論的には解っていたつもりでしたが
やはり我々技術者には
過信があり,おごりが有ったのだろうと
切に思います.
何はともあれ,黙っていても
時は過ぎ,年は変わります
日本という国が,来年は少しでも良い方向に向けて
舵を切って進んでいけることを祈ります.

« モトカレ | トップページ | 謹賀新年 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147046/43569117

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日です:

« モトカレ | トップページ | 謹賀新年 »