« 台風一過 | トップページ | 百万年前の話 »

2014年10月21日 (火)

決死の覚悟で

先週久しぶりに仕事で
島根に行きました。
広島時代は、好きでよく行っていたのですが
大阪に来てからは
どうも縁遠くなり
約5年ぶりの松江でした。
松江に泊まり、お昼には割子そば食べて
島根県を堪能して帰りました。
もちろんお仕事も頑張りました。

01

02


ところで,話は変わって
人間避けて通れないことも多い。
できれば、ご遠慮したいけど
どうしてもやらないといけない事もある。
月曜日、とうとう思い切って
親知らずを1本抜きました。
東京にいる頃は、会社のそばに
良い歯医者さんが居て
定期的にメンテナンスして貰っていました。
大阪に転勤が決まってから
少しご無沙汰
ちょっとサボっている間に
むし歯発生
修理していた奥歯が欠けました。
会社の女の子に聞いた江坂駅のそばの歯医者さんに行ってみました。
奥歯の修理は、三回の通院で終了
でも隣の親知らずがダメらしい。
修理した奥歯に影響するので
抜きます。との事
ああヨロシクと言ったものの
初めての経験
激しくビビっていました。
とうとう、抜歯日
月曜日の朝から憂鬱
幸い、仕事が忙しく
日中は忘れて居ました。
でも、時間は刻々と流れ
予約時間になりました。
覚悟を決めて、歯医者へ
まず、麻酔をします。
でも、最近の歯医者の麻酔
痛くないんですよね。
アレどうなっているんですかね~?
チクリともしない
針刺さないんでしょうか?
麻酔が効いたのを確認して
親知らずを少しコキコキ動かしたかなぁと
思っていると
スポット抜けた感じ
まさかこんなに簡単なはずはないと
思っていると、ハイ噛んでくださいと
ワタを挟まれました。
たったの10分ぐらいでしょうかー
あっけなかったです。
出血があるかもと
噛みしめるガーゼと化膿止めと
痛みが出た時にと
痛み止め貰いましたが、出血も痛みもない
ビビって損しました。
江坂駅の吉武歯科
名医でした。
念のため、痛み止め飲んで
晩御飯は雑炊作って貰って早めに寝ました。
案ずるより産むが安し
という感じでしょうか?
写真は持って帰った抜きたての
親不知


03


« 台風一過 | トップページ | 百万年前の話 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147046/57744108

この記事へのトラックバック一覧です: 決死の覚悟で:

« 台風一過 | トップページ | 百万年前の話 »